心理カウンセラー◆佐藤まゆみ

カウンセリングサービス所属カウンセラー
大阪地区担当 佐藤まゆみ(さとうまゆみ)

【何かを始めるのに、遅すぎるということはない】がモットー。
若年層はもちろん、特に自身の年齢と近い50代60代のシニアに、新しい人生を切り開いてもらうためのサポートを心掛けている。
お客さまに、“自分らしく生きていく喜びを知っていただきたい”と願い、自身の豊富な経験を生かしたカウンセリングが、好評を得ている。
2019年に舌ガンの手術を受けた。 座右の銘は、思い立ったが吉日。

>>>カウンセラーの一覧へ
>>>カウンセリングサービスのHPへ
>>>カウンセリングサービスって?

皆さん、こんにちは。
佐藤まゆみです。

今日のタイトル、なんのこっちゃ?
と思った人もいるかもしれません。
でも、結構大切なことなんですよ。

ネガティブ感情とポジティブ感情

なにか悩みがあるときって、どうしても
ネガティブな感情にとらわれがちです。

例えば、
健康診断で基準を外れた数値のものが
あって、要精密検査になった時など。

悪い病気だったら、どうしよう。
入院することになっても、仕事を
すぐには休めないかも。
年取った親には心配かけられない。
だれにも頼れない。
私、どうなっちゃうんだろう。

先行きの見えない苦しさ。
つい、悪い方に、悪い方に考えて
しまいますね。

この最中に、
「楽しいこと考えましょう。」
と言われても、そりゃあ無理です。

ネガティブ感情とポジティブ感情を
同時に感じることはできません。

怖れ、不安、悲しみ、など同類のもの
なら同時に感じられそうなものですが
それでも若干の時差はあると思います。

まるで舞台に登場する人物のように
入れ替わり、立ち代わり、という感じ
でしょうか。
映画館

どんな感情も大切

ところで、イヤな感情は感じたくない
はずなのに、まるでループのように
グルグルとしつこく繰り返して感じて
いることがあります。

これは、
「イヤなことは考えないようにしよう。」
というところに問題があるんです。

なぜなら、
脳は否定形を認識しないから

考えないようにしようと思えば思うほど
イヤなことがクローズアップされて
いきます。

じゃあ、どうすれば良いかと言うと
今感じているそのままを、大切に扱って
受け止めることが必要なんです。

「ああそうか、私は不安なんだ。
今この状況で誰にも頼れないし、誰にも
迷惑かけたくないと思っているから
不安なんだな。怖いんだな。」

そりゃあ、怖くて当然よね。
辛いよね。
悲しいよね。
そうかそうか。

感じている感情を、ないものには
出来ません。
それなのに、なかったことにしようと
したら(その存在を無視したら)
苦しいでしょう?

でも、「ああ、そうなんだな。」
「そう思うのも当然だよな。」
と居場所を与えられたら、心は落ち着く
んです。
そうなると、もうネガティブ感情は
暴れません。

いるのに、いないものとして扱われたら
誰だってイヤですよね。
それと同じです。

ネガティブ感情をしっかり受け止めて
心が落ち着いたなら、次のステップに
進めます。

この出来事の別の意味を考えてみる

自分のネガティブ感情の居場所を与えて
あげたところで、もう一度この出来事の
視点を変えて見てみるんです。

今回は、悪い病気の可能性に対する恐れ
を例に挙げました。

元々身体が弱かったのですか?
自分では健康だと思って過ごしていた時期も
あったんじゃないでしょうか。

仕事をして、収入も得ていたんですよね。
金額の問題ではなく、働くことで社会に
貢献していましたよね。

誰にも頼れないと思っていたということは
今まで、何でも一人で頑張ってきたんです
よね。

誰かに一度くらい「助けて!」って
言ってもバチは当たらないと思いませんか?

全部ひとりで抱え込んで、しんどかったと
思うけど、すごく頑張ってきた。
もっと自分を褒めても良いんじゃない
でしょうか。

この“悪い病気の可能性”という出来事が
なかったら、改めてこれまでの自分の
あり方を見ることは、なかったかも
しれません。

私も30代くらいまでは健康診断に
引っかかることもなく、自分は健康体
だと思っていました。

でも、加齢とともにさまざまな病気を
することになって、その都度ショックを
受けました。
落ち込むこともありましたが、その
出来事から別の良き意味合いを
見いだせた時、救われました。

私の身体、こんなに頑張ってたんだ。
病気にでもならない限り、休めなかった
かもしれない。
少しはゆっくりしなさいってこと
かな。

私の身体、何十年も働き続けてくれて
ありがとう。

病気とは、受け入れつつ上手く
付き合って言ったほうが良いな。

生活に支障なく動けているんだから
幸せだわ。

今度はポジティブ感情が、次々と
湧き上がってきました。

どんな感情を感じるかは選択できる

ありがたいな、幸せだなと思う時
ネガティブ感情さんは現れません。

つまり、自分でどんな感情を感じるかは
ものの見かたやとらえ方を変えることで
選べるんです。

長い人生の中には
辛いこと苦しいこともあるでしょう。

でも、そこから気づけたこと得られたもの
も必ずあるはずなんです。

気づけたからには、そこに価値を見出して
ください。

感情は一つづつしか感じられない
のですから、それならポジティブ感情を
より感じられる選択をしてみませんか?

それが幸せにつながると、私は信じています。

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

佐藤まゆみの
電話・面談カウンセリングを
受けるには【予約センター】に
お電話ください。

Tel:06-6190-5131

受付時間=12:00~20:30 
月曜定休
電話カウンセリングは、どなた様も
初回無料にて、ご利用になれます。

私は
16時・22時を基本に
待機しています。

2021年5月末までの、
電話・面談カウンセリングの
ご予約をたまわっています。

私あてのメッセージが
ありましたら、ご連絡いただける
と大変嬉しいです。

メッセージは、いつもありがたく
思いながら拝見しています。

こちらからどうぞ➡ 
お問い合わせフォーム

(佐藤まゆみ宛と書いて
頂けると助かります。)

佐藤まゆみのメディアサイト>>
コラムや無料相談コーナーの回答など
をまとめています。

WebマガジンZIELに取材協力しました。






このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん、こんにちは。
佐藤まゆみです。

カウンセリングサービスの母体である
神戸メンタルサービスのオンライン
5日間ロングワーク
本日まで開催されています。

私はこのロングワークに前半3日間
参加していたんですよ。
自分の参加日を終えて、この記事を
書いています。

今回のワークのメインテーマが
「存在理由」でした。

自分の存在理由

多くの人が一度は
「自分はここに存在していても
良いのだろうか?」
という悩みを抱えた経験があるの
ではないでしょうか。

こんな私ではダメだ。
もっと良い人であらねばならない。
そのままの自分では認められない。

いつも本当の自分を隠して、誰かや何かの意に
沿うように生きてきた人、本当に辛かったと
思います。

確かに過去には、それが功を奏したことも
あったでしょう。
でも、たとえ功を奏したことがあっても
あまり嬉しくはないですね。

「ああ、本当の自分がバレずに済んだ。」
「仮面をかぶっていたおかげだ。」
長年それが習慣になっていると、疲労困憊
して当然です。

自分の存在理由って、わざわざ作らなくても
本来の自分に備わっている光を見出すだけ
でいいんじゃないでしょうか?

手と白いハト

あなたは、自分で思っている以上に人から
見たら価値があるはずなんです。

でもそれは、なかなか自分目線では
わからない。
人から言われて初めて
「え?そうなの?」と思えるものなのかも
しれませんね。

「いてくれたら、それでいい。」その言葉を信じてみる

話は今回のロングワークに戻ります。

そこでは、さまざまな自分の課題というか
気がかりな問題を人にシェアする時間が
あります。

たまたま、私が自分の課題をシェアする
機会があったので、思いついたことを
口にしました。

゜゚*☆゜゚
私にとって一番気がかりなのは
高齢の母(95歳)です。

このブログには何度も登場している母
ですが、年々気弱になって怖がりが
高じています。

特に夜、一人になるのが怖い。

コロナ禍以前、リアルワークが開催
されていた時、私は1時間半かけて
大阪の会場に通っていました。

そうすると、大阪会場は終了時間が
午後8時だったので、それから食事して
帰ると毎回午後11時過ぎ。
打ち上げに参加したなら日付が変わる
くらいになることもしばしばでした。

2年ほど前の話ですから、まだ今より
母はしっかりしていましたが、自分が
一人で寂しいのと、私の無事の帰宅を
案じてあまりにも心配するので、少々
うんざりしたものでした。

それが、去年からコロナのおかげと
言っては変ですが
オンラインになって、ワークがあっても
家から参加できるようになりました。

我が家にとっては絶妙のタイミングです。

今回、受講するにあたって私は母に
言いました。

「オンラインやからね。
自分の部屋にこもってるので休憩時間
以外は、お母さんと顔を合わせられ
へんよ。」って。

すると母の返事は、
「え、でも家におるんやろ?
ほんなら、ええねん。
何もしてくれんでも
おってくれたら、それでええねん。
安心やから大丈夫やで。」
でした。

おってくれたら、それでええねん

本人がそういうので、その言葉を
信じて参加したわけです。

存在を認めてもらえる幸せ

母にそう言われた時には、単純に
「ああ、私がおるだけで安心なら良かった。」
と思う程度でした。

でも、みんなに話しているうちに
この何気ない母との会話は、ワークの
メインテーマ「存在理由」の答えになって
いたようです。

私自身、この会話を聞いた人から
指摘されて、ようやく気づいたのですよ。

存在理由なんて、探す必要はない。
無理に何かをどうにかしなくていい。
ただ、愛する人のことを思い、優しい
気持ちを送るだけ。

相手の存在を認めれば、自分もまた
相手から、その存在を認められている
わけです。

このことに、改めて気づけたのが
大きな収穫だったなぁ、と思います。

お互いが相手を照らす光になってい
るんです。

だから、
そのままのあなたで大丈夫!
そのままの私で価値がある。

それが信じられる幸せを、日々感じて
くださいね。

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

佐藤まゆみの
電話・面談カウンセリングを
受けるには【予約センター】に
お電話ください。

Tel:06-6190-5131

受付時間=12:00~20:30 
月曜定休
電話カウンセリングは、どなた様も
初回無料にて、ご利用になれます。

私は
16時・22時を基本に
待機しています。

2021年5月末までの、
電話・面談カウンセリングの
ご予約をたまわっています。

私あてのメッセージが
ありましたら、ご連絡いただける
と大変嬉しいです。

メッセージは、いつもありがたく
思いながら拝見しています。

こちらからどうぞ➡ 
お問い合わせフォーム

(佐藤まゆみ宛と書いて
頂けると助かります。)

佐藤まゆみのメディアサイト>>
コラムや無料相談コーナーの回答など
をまとめています。

WebマガジンZIELに取材協力しました。










このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん、こんにちは。
佐藤まゆみです。

あなたには子どもさんが
いらっしゃいますか?
あるいは、あなたの親御さんは
ご健在ですか?
どちらにもYesと答えた人も
いると思います。

たとえ親御さんが、もう亡くなられて
いたとしても、その人の子どもだ
ということに変わりはありません。

とにかく私たちは、生きていくうえで
親の存在くらい大きな影響を受ける
ことはないんじゃないかなと思います。

お母さんと赤ちゃんの手

子どもは親の一挙一動を読み取っている

あなたが子どもの頃、親御さんは
どんな感じでしたか?
いつも笑顔で楽しそうだったなら、
あなたもきっとニコニコしていたと
思います。

「よく笑う子だね。」
「愛想が良いね。」
そんな風に言われていたんじゃない
でしょうか。

逆に、両親の仲が悪くてしょっちゅう
ケンカしていたなら、あなたは子ども
ながら非常に気にしていたと思います。

両親が不機嫌なのは、自分のせいだと
思っていたかもしれませんね。

自分に原因があるのなら、一所懸命
良い子になろうとしてお手つだい
したり、勉強を頑張ったり。

親の話し相手になるのは良いけれど
グチばっかり聞かされて、それでも
頑張って、頑張って、耐え抜いて。

とにかく親の一挙一動を気にしながら
過ごしていたかもしれません。

我慢には限界がある

ところが、やはり我慢にはどうしても
限界があります。

今まで、頑張って頑張って、それでも
報われないと感じたなら、逆に振れる
こともあるんです。

あんなに親に逆らうこともなく、素直で
なんでも言うことを聞く良い子だった
のに
急に反抗的になったり、冷い態度を
取るようになったとしたら、
頑張っていた緊張の糸がプチンと
切れてしまったんですね。

この時、子どもは何を感じているかと
言うと無価値感です。

こんなにやっても、お母さんは
いつもしんどそう。
お父さんは、怒ってばっかりいる。
私が何をやってもダメなんだ。
報われないんだ。

早くから家を出ようとするタイプと
それでも親を放っておけなくて、
険悪な状態のまま一緒にいるタイプ
に別れることが多いです。

「私はいいのよ。」と言われても困る

成人しても、ずっとこの無価値感を
感じたままでいると、多方面に問題
を抱えることになります。

自分の価値が感じられないので
仕事をすればハードワーカー。
パートナーが出来ても、相手に合わせる
ばっかりで、
「何を考えているのか分からない!」
なんて言われて破局を迎えたり。

そんな様子を見た親が、
「私のことはいいから、自分の幸せを
考えなさい。」などと言ってきても
「はい、そうですか。」
というわけにはいきませんね。

「私だけは幸せになれって?!」
表面上はそんなこと言っても、本音は
違うんじゃないかと疑りたくなります。

これ、親の側からしたら本音には違い
ないのですが、自分の幸せはあきらめて
いる感、満載です。

例えて言うなら、
美味しいケーキが1つだけあって
子どもに「お母さんはいいから
あんたが食べなさい。」と言っている
ようなものです。

「え、お母さんかて食べたいんと違うの?
自分だけ食べろって言われても・・・」
戸惑いますよね。

そこで素直に「は~い!」と言える子
は、お母さんがいつも十分に満たされて
いることを常日頃から体感しているはず。

犠牲の上に幸せは成り立ちにくい

親も子も、相手を助けようとするとき
自分を犠牲にしてしまいがちです。

でも、「私はいいから」と犠牲で渡された
ものを受け取っても、申し訳なさが湧き
上がってしまいます。

「え、私だけ?」
「こんなにしてもらってもいいの?」
「ごめんね。」
「私、迷惑だよね。」
こんな感じです。

ともに幸せにと願うのなら、まず
自分からやりたいことをやってみることです。

やりたいことがわからない、という人も
いますが難しく考えないでください。

先ほどの1個しかないケーキなら
「じゃあ、半分こして食べようよ!」
って言ってみることです。

「どうして?」って聞かれたら
「どれだけ美味しいかは、食べてみないと
分からないじゃん。一緒に味見したいから。」
私なら、結構納得する言葉です。

そして食べてみて、顔を見合わせて
「美味しい!」って言ってみる。
もちろん、その時は笑顔いっぱいです。

人生の貴重な時間を、こんな思いで
満たせたら、なんか幸せですよね。

まずは自分から、笑顔になれることを
やっていきましょう。
それが結局は、周りの人の喜びにも
なっていると知ってくださいね。

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

佐藤まゆみの
電話・面談カウンセリングを
受けるには【予約センター】に
お電話ください。

Tel:06-6190-5131

受付時間=12:00~20:30 
月曜定休
電話カウンセリングは、どなた様も
初回無料にて、ご利用になれます。

私は
16時・22時を基本に
待機しています。

2021年5月末までの、
電話・面談カウンセリングの
ご予約をたまわっています。

私あてのメッセージが
ありましたら、ご連絡いただける
と大変嬉しいです。

メッセージは、いつもありがたく
思いながら拝見しています。

こちらからどうぞ➡ 
お問い合わせフォーム

(佐藤まゆみ宛と書いて
頂けると助かります。)

佐藤まゆみのメディアサイト>>
コラムや無料相談コーナーの回答など
をまとめています。

WebマガジンZIELに取材協力しました。






このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん、こんにちは。
佐藤まゆみです。

いつもと変わらない毎日が、ずっと
続いている。
表面上は、平穏無事に見える。

でも、本当はそろそろこれをやって
おかなきゃいけないんだけど・・・
ってこと、ありませんか?

水面下では、いろいろ気になっている

今日や明日、すぐにやる必要はない
かもしれない。
けれど、いつかは何とかしなきゃ
いけないと思っていることって結構
あるんですよね。

例えば、私に近い年代の人ならば
実家で一人暮らしの親のこと、とか
将来のお金に対する不安、あるいは
健康診断で数値の悪かった箇所など。

現実には、今はまだ何ともないので
ついつい先送りにしてしまいます。
箱に入った猫
私も、うっかりやってしまうことなので
よくわかるのですが、
こういうことは放置したからと言って
解決する問題ではありません。
 
「ああでもない、こうでもない。」
と、心配ばかりしていてノイローゼ
になるのも考えものですが、心に刺さった
小さなトゲのようなものは、
いつまでも放っておくわけには
いきませんね。

ある日突然やって来る可能性もある

こういうことは、ある日突然一気に
やって来る可能性もあります。

例えば、
実家の親が転倒して骨折した。
入院したけど、今のご時世簡単に
面会にも行けない。

退院しても、一人で置いておけない。
どこかの施設となると、今後の費用も気に
なってくる。
そのうち、心労で自分の血圧が高くなって
持病が悪化した。
なんてことに、なりかねません。

先送りにしていたものに、ガチで直面する
のは辛いものです。

だからこそ、水面下で気になっている
ことがあるのなら、どんな形でも良いので
具体的に行動してみて欲しいんです。

今の自分に出来ることをする

簡単に出来ることって、意識を向ければ
いっぱいあるんですよ。

親のことなら兄弟姉妹がいれば、
普段からもしもの場合にはどうするか
は話題に挙げておきたいですね。
グループラインを作っておくのも
良いでしょう。

そんな頼れる人がいない場合には
行政の、どこに相談に行けばよいか
など、調べておくだけでも違います。

人間、「知らない」「わからない」こと
が何よりも不安になるし怖いんです。
知らない=不安
知る=安心 ですね。
でも、知ることそのものも怖い場合も
あります。

そういえば、私が舌の左側面に違和感
を感じた時も、最初は「気のせいか?」
と思いました。
何ともない時もあるし。

「大したことないだろう。」で
済ませていました。

でも、ちょっと不安になって近所の
医院に行ったら目視だけで異状なしの診断。

一応安心していたけど、違和感は
なくならないので別の医院で診てもらって
首を傾げられ、大病院の検査にまわされました。

結果は、初期の舌がん。
確かに、知ったショックはありましたが
あのまま放置しなくて本当に良かった!

一部切除で済み、おかげさまで今は
まったく会話に支障なく話せています。

意識を持てば情報は入ってくる

人によって気がかりなことは違う
とは思いますが、
・信頼できる人に聞いてもらう
・自分で調べてみる
・専門家に相談する
このようなことは、さほど難しくなく
出来るのではないでしょうか?

「今はまだ、何ともない」という間に
情報は取り入れてみてください。

いえ、逆にその意識を持っただけで
情報は入ってくるんです。
アンテナが立つんですね。

どうぞ、せっかくの情報はスルーせず
イザと言う時のために役立ててください。

備えあれば、憂いなし。
情報を得て知ることで、安心を手に
入れてくださいね。


゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

佐藤まゆみの
電話・面談カウンセリングを
受けるには【予約センター】に
お電話ください。

Tel:06-6190-5131

受付時間=12:00~20:30 
月曜定休
電話カウンセリングは、どなた様も
初回無料にて、ご利用になれます。

私は
16時・22時を基本に
待機しています。

2021年5月末までの、
電話・面談カウンセリングの
ご予約をたまわっています。

私あてのメッセージが
ありましたら、ご連絡いただける
と大変嬉しいです。

メッセージは、いつもありがたく
思いながら拝見しています。

こちらからどうぞ➡ 
お問い合わせフォーム

(佐藤まゆみ宛と書いて
頂けると助かります。)

佐藤まゆみのメディアサイト>>
コラムや無料相談コーナーの回答など
をまとめています。

WebマガジンZIELに取材協力しました。






このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん、こんにちは。
佐藤まゆみです。

なにごとも、人に頼ることなく
自分で何とかしようと心掛けて
いる人は多いと思います。

私自身を振り返っても、子どもの
頃は一人ではどうにもできないこと
ばかりでしたが、少しづつ自分でも
出来ることが増えて、そこに満足感
や達成感を感じていました。

でもでも、世の中のことは多岐に
渡っているので、やはり全部を自分
一人でまかなうのは難しいものです。

誰しも、わからないことは不安

人は、よくわからないものには不安を
感じます。
特に、今まで一度も経験したことのない
ものならなおさらです。

一人で途方に暮れて「どうしよう…。」
と思い悩むよりも、まずは身近な人に
相談してみることですね。

これは年齢によっても違ってくると
思います。
現役世代なら自分ではわからなくても
ある程度、どこに何を聞けばよいのか
判断できます。

ところが、高齢になるとただオロオロ
してしまうんですね。

私は高齢の母と暮らしているので、
その辺の感情の起伏はよくわかります。

高齢者の戸惑い

先日、母にコロナワクチン接種の案内が
来ました。

ニュースで伝えていたように、後期
高齢者優先なので「ああ、これか。」
と思いました。

母にとって、いつ、どこで接種するのか
は大きな関心事です。
なぜなら、
知らないところで、知らない医療関係者
から接種するのは不安だから。

広報や同封されていた説明書には、
特設集団接種会場しか書いてありません。
しかも、基本申し込みはネットから
アクセスするようになっています。

これ、スマホもまともに使えない高齢者
にはムリです。

せめて私くらいの年齢の者と同居して
いないと、すぐに対応は出来ないでしょう。

よく書類を見ていると、さらに詳しい
接種場所はQRコードを読み込んで
アクセスすると、分かるようになって
いました。

早速QRコードを読み込んで、何度か
タップしていくと、ようやく見る
ことが出来ました。

すると、母のかかりつけ医のところ
でも実施するようです。
良かった!

さっそく母に伝えると、心から安心した
ようでした。

ここまでは、丸っきり私に頼りっ放し
でしたが、すっかり落ち着いた母は
かかりつけ医に自分で電話を掛けて
詳細を聞いていました。

そして、いつもの診察に行った時に、
無事2回分の予約を取って帰ってきました。
と言っても、だいぶん先のことですが。
やれやれ!
ワクチン接種案内

出来ることをやれば良い

つまり、何が言いたいかと言うと
その人の経験値や力量に応じて
出来ることをやれば良いということです。

特に、未知のものには不安が付きまとい
ます。
若くて好奇心旺盛の時ならば、その怖れ
を乗り越えていけますが、そうでないなら
一人で頑張ろうとしなくても良いんです。

出来ない自分を責めたり、落ち込む
必要はありません。

自分なりのベストを尽くす
その気持ちが大事だと思います。

そのうえで、
これは誰に頼ろうか?
どの人に助けてもらおうか?
心掛けておくと良いですね。

今の母の姿は、未来の私の姿でもあります。

必要な時には人を頼って良い
今から自分に許可を出しておきます。

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

佐藤まゆみの
電話・面談カウンセリングを
受けるには【予約センター】に
お電話ください。

Tel:06-6190-5131

受付時間=12:00~20:30 
月曜定休
電話カウンセリングは、どなた様も
初回無料にて、ご利用になれます。

私は
16時・22時を基本に
待機しています。

2021年5月末までの、
電話・面談カウンセリングの
ご予約をたまわっています。

私あてのメッセージが
ありましたら、ご連絡いただける
と大変嬉しいです。

メッセージは、いつもありがたく
思いながら拝見しています。

こちらからどうぞ➡ 
お問い合わせフォーム

(佐藤まゆみ宛と書いて
頂けると助かります。)

佐藤まゆみのメディアサイト>>
コラムや無料相談コーナーの回答など
をまとめています。

WebマガジンZIELに取材協力しました。




このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん、こんにちは。
佐藤まゆみです。

私たちは日々、さまざまな人やモノからの
影響を受けて、それに反応しています。
 
それは、「オギャ-!」と生まれ落ちた時
から今現在、そして未来に至るまでずっと
続いていくわけです。

でも、「影響」と「反応」の間には
もう一つ大事なことがあると思いませんか?

そう、
どのように反応するかを選べる
いうことです。

その選び方が人生を変えていくんですね。

影響を受けてきたこと

これは何と言っても、それまで育ってきた
環境が大きいです。
特に親や家庭の影響は絶大だったはず。

もちろん、赤ちゃんの頃の反応はごく
シンプルで、お腹が空けば泣く。
おっぱいをもらって満足すれば笑う、
寝る、なんですが成長とともに反応も
複雑になってきました。
草の水滴

しつけの意味合いで、叱られたり注意
されることが増えてきます。

「そんなことしちゃダメ!」
「何やってるんだ!」
確かに社会生活を送っていくにはルール
として守らないと不都合なことが多々
あります。

だから、ある程度は仕方ないのですが
同じことをしても、昨日は何も言われ
なかったのに、今日は怒られたとなると
一貫性がなくて、非常に混乱します。

あるいは、親の喜ぶ良い子でいようと
して頑張っても、親が(別の事情で)
いつも不機嫌で子どもに八つ当たりを
するような状況だったとしたら?

こんなことが度重なると、必然的に人の
顔色を伺うようになっていきます。

相手の感情に振り回されてしまうと
自分でものを考えることが出来なく
なって自分自身を見失ってしまうん
ですね。

そうなると、たとえ理不尽なことでも
つい、相手に従ってしまいます。

そのまま成長して大人になると、
仕事やプライベートでも自己価値の
低くさゆえに、さまざまな支障を
きたしかねません。

自分で選択肢を持つ

特に、人から言われる言葉の影響力は
非常に大きいものです。
それこそ、良い方にも悪い方にも。

例えば、職場で
「よく仕事が出来るね!頼りにしてるよ。」
なんて言われたとしたら、

素直に
「嬉しいわ!ありがとう。」
と言うことも出来るし
「いえ、それほどでもありません。」
と謙遜することも出来ます。

さらには、
「何それ?イヤミかしら。」
とつい思ってしまう反応もありますね。

逆に、仕事でミスをして注意を受けた場合。
誠意をもって詫びたうえで今後の対策を
する。

自分で自分を責めて落ち込む。

人のせいにする。
おっとっと!

どんな反応をするかは、それまでの
人生のプロセスが大きく影響して
いますが、あまりにネガティブに片寄り
過ぎているのなら、「なぜ?」と自分に
問いかけてみてください。

もしかしたら「なぜ?」の答えは、認めたく
ないことかもしれません。

けれど、
「ああ、だからこんな反応をしてしまうのか。」
と解れば、他の選択肢は必ずあります。

自分にとって、前向きになれる選択をし
反応していくこと。

自分の人生を望み通りに変えていくための
ヒントになれば幸いです。

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

\あなたの1票がグランプリを決める!/


2021年、カウンセリングサービスの講演イベントは、コンテスト形式に生まれ変わります!

予選を勝ち抜いた7名の講演者から、講演者の頂上に輝くのは誰か!?

ぜひ、あなたの1票をお待ちしております!



・日時:2021/4/24(土)13:00~18:00


・会場:Zoom|オンライン会議システム

・料金:3,300円

・参加条件:18才以上の方


右矢印詳細、お申込みはこちら>>>



゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

佐藤まゆみの
電話・面談カウンセリングを
受けるには【予約センター】に
お電話ください。

Tel:06-6190-5131

受付時間=12:00~20:30 
月曜定休
電話カウンセリングは、どなた様も
初回無料にて、ご利用になれます。

私は
16時・22時を基本に
待機しています。

2021年5月末までの、
電話・面談カウンセリングの
ご予約をたまわっています。

私あてのメッセージが
ありましたら、ご連絡いただける
と大変嬉しいです。

メッセージは、いつもありがたく
思いながら拝見しています。

こちらからどうぞ➡ 
お問い合わせフォーム

(佐藤まゆみ宛と書いて
頂けると助かります。)

佐藤まゆみのメディアサイト>>
コラムや無料相談コーナーの回答など
をまとめています。

WebマガジンZIELに取材協力しました。



このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん、こんにちは。
佐藤まゆみです。

今日は、この春から新しい形で開催される
講演イベントのお知らせです。

K-1-グランプリ 2021春

K-1とは、講演者(K)No.1の意味です。
カウンセリングサービス所属のカウンセラー
の中で、予戦を勝ち抜いた7人の中から
皆さんの投票により、グランプリ(No.1)
を決定するZoomイベントです。

まずは、動画をご覧くださいね。


ほんの一瞬のご紹介でも、それぞれの
カウンセラーの個性が出ていますね。

去年までは各地域ごとにカウンセラーズ
フェスタというものがあって
東京・名古屋・大阪・福岡でリアルに開催されていました。

ご存じのようにコロナ禍でリアル開催
は出来なくなりましたがZoomにより
地域の枠が取り払われました。

この状況があって、よりお客様に
楽しんでいただけるイベントとして
誕生したK-1グランプリです。

「あら、残念!その日は予定があるの。」
という方も大丈夫です。

お申込みされた方には、当日の視聴が
出来なくても1週間の見逃し配信が
あります。
(ただし、投票はできません)

各地域の選りすぐりカウンセラー7人の
講演が視聴できるなんて、なかなかの
チャンスだと思いませんか?

私はゲストカウンセラーとして参加
します。


地域性はなくなったとはいえ、私が所属
している大阪地区からは岡田えりこ
三好成子カウンセラーが登場するんですよ。

これまでリアルにお付き合いして
きた分、彼女たちの応援に力が入りそうです。

それに加えて、あまりお話を聞く機会の
なかった人たちの講演が聴講できるとあって
何だか今からワクワクしています。

参加費3,300円で、こんな体験が出来るなんて
なんだかお得な気分です。

記念の第1回K-1グランプリ
あなたも一緒に楽しんでみませんか?

一同、心よりご参加をお待ちしております。

右矢印詳細、お申込みはこちら>>>


\あなたの1票がグランプリを決める!/


2021年、カウンセリングサービスの講演イベントは、コンテスト形式に生まれ変わります!

予選を勝ち抜いた7名の講演者から、講演者の頂上に輝くのは誰か!?

ぜひ、あなたの1票をお待ちしております!



・日時:2021/4/24(土)13:00~18:00


・会場:Zoom|オンライン会議システム

・料金:3,300円

・参加条件:18才以上の方


右矢印詳細、お申込みはこちら>>>



゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

佐藤まゆみの
電話・面談カウンセリングを
受けるには【予約センター】に
お電話ください。

Tel:06-6190-5131

受付時間=12:00~20:30 
月曜定休
電話カウンセリングは、どなた様も
初回無料にて、ご利用になれます。

私は
16時・22時を基本に
待機しています。

2021年5月末までの、
電話・面談カウンセリングの
ご予約をたまわっています。

私あてのメッセージが
ありましたら、ご連絡いただける
と大変嬉しいです。

メッセージは、いつもありがたく
思いながら拝見しています。

こちらからどうぞ➡ 
お問い合わせフォーム

(佐藤まゆみ宛と書いて
頂けると助かります。)

佐藤まゆみのメディアサイト>>
コラムや無料相談コーナーの回答など
をまとめています。

WebマガジンZIELに取材協力しました。









このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ